お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

離乳食期に下痢が気になった時にオススメなレシピ

 

【お粥編】

 

いも粥…ゴックン期からOK
◆作り方
ジャガイモ半分を軟らかくしてマッシュしたものと、大さじ2のお粥と少量のお湯で全体的に混ぜれば完成。

白身魚を使ったお粥…ゴックン期からOK
◆作り方
白身魚10gを茹でたら、その茹で汁でご飯30gを煮ます。みじん切りにした青菜、塩少々を混ぜたものに、最初に茹でた白身魚を潰したものを混ぜれば完成。

 

【その他のレシピ】

 

リンゴを使った簡単レシピ…ゴックン期からOK
◆作り方
水溶き片栗粉をレンジで加熱しよく混ぜたものに、皮を剥いてすりおろしたリンゴ適量を加え全体的に良く混ぜれば完成。

豆腐とほうれん草を使った簡単レシピ…ゴックン期からOK
◆作り方
軟らかく茹でたほうれん草の葉先、出汁大さじ1をすり鉢で混ぜ合わせ少量の塩で味付けしたものを、さっと湯通しした絹ごし豆腐30gにかければ完成。

ジャガイモ、ツナ、牛乳を使った簡単レシピ…モグモグ期以降からOK
◆作り方
皮を剥き2mmの厚さで半月切りにしたジャガイモ半分と、粗くほぐしたツナ30gを鍋に入れたら、牛乳1/2カップを加え弱火で20分くらい煮れば完成。もし下痢の状態が軽度であればバター小さじ1を加えてもOKです。

バナナ、牛乳、卵黄を使った簡単レシピ…モグモグ期以降からOK
◆作り方
牛乳1カップ、1個分の卵黄、砂糖大さじ1、コーンスターチを水で溶いたものを大さじ1、これら全てを鍋に入れとろみがつくまで弱火で煮たもの大さじ2と潰したバナナ30gとを和えれば完成。

Sponsored Links

下痢となるような食べ物に注意

 

離乳食をスタートしてすぐの時期は、初めて口にする食べ物のほとんどが赤ちゃんにとって下痢となるような食べ物に属します。
それはまだ腸がその食べ物に慣れていないためです。

 

この場合の下痢は、単一性下痢で数日もすれば症状が落ち着いてくるため心配いりません。
下痢の症状が悪化しないようであれば、離乳食をそのまま続けてみましょう。

 

 

下痢の時に避けたい食材

 

  • 裏ごしなしの豆類、キャベツ、ネギ、ニラなどの繊維豊富な食品
  • バター、生クリーム、サラダ油などの油脂類
  • キュウリ、トマトなどの体を冷やす食品
  • 柑橘類、柑橘類の果汁
  • 牛乳、ヨーグルトなどの乳製品

 

下痢の時に積極的に与えたい食材

 

  • リンゴ
  • バナナ
  • カボチャ
  • ニンジン
  • ジャガイモ
  • 白身魚

 

など整腸作用を持つ食品は赤ちゃんの下痢にも有効です。
積極的に離乳食に取り入れて下痢の症状改善に努めましょう。

 

逆に繊維質な食品は下痢の時に離乳食で使うのは控えるようにしましょう。

 

赤ちゃんの下痢について

赤ちゃんは下痢になると大人よりも容易に脱水症に陥りやすくなるため、

 

  • 湯冷まし
  • 野菜スープ
  • リンゴ果汁(他の柑橘類の果汁は下痢を悪化させるためNG)
  • 麦茶
  • 赤ちゃん用のイオン飲料

 

 

などを人肌あるいは室温程度の温度にしたものを十分に与えましょう。
下痢によってカリウムやナトリウムなどのミネラル類が失われるため、赤ちゃん用のイオン飲料などを用いるのも有効です。

 

 

また下痢をしていても食欲が落ちていないようなら、便を固め消化吸収の良いデンプン質(ジャガイモなど)を積極的に与えましょう。
この時、ペクチンを豊富に含むリンゴやニンジンなどを摩り下ろしたものを一緒に与えるとより効果的です。

 

 

【下痢になってしまったら】

 

消化機能が未発達の離乳食スタート直後にひどい下痢になってしまったら、一旦離乳食をストップし消化器官への負担を軽減するため、ミルクや母乳を与えましょう。

 

その後、様子を見ながら離乳食を再開します。

 

【下痢と離乳食の注意】

 

慎重になり過ぎて離乳食スタート直後の食事制限が長引くことで、腸粘膜が衰えるなど消化器官が弱り、
下痢が長引き栄養不足に陥る恐れがあるため、医師と相談しながら食事制限を長引かせないよう注意しましょう。

 

  • 豆腐、白身魚などの良質なタンパク質を豊富に含む食品
  • 繊維が多過ぎない消化にイイ野菜
  • 消化吸収に優れた穀類

 

 

などを取り入れて下痢症状の改善を図りながら早めに離乳食へと戻すようにしましょう。

 

心配な下痢

離乳食をスタートしてから下痢になっても、食欲があって元気があれば心配いりませんが、
逆に次のような症状がある場合には注意が必要です。

 

  • 発熱
  • 吐き気、嘔吐
  • 粘液や粒状のものが便に多く混じる
  • 腐敗臭や酸臭を放つ水様便
  • 脱水症
  • 白っぽい水様便での激しい下痢

 

 

下痢と共に上記のような症状が見られる場合は、乳糖不耐症が疑われたり、
他の病気が疑われる場合もあるので下痢が酷いようなら早めに病院を受診させることをオススメします。