お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

病気が疑われる便の状態

大人も赤ちゃんも便は健康のバロメーターです。

 

基本的には、黄色系の便が健康的

 

食欲があり機嫌が良く黄色系の便が出ている時が健康な証拠
茶色系の便も黄色系と一緒で病気の心配無し
黄色と茶色の違いは腸内細菌の違いによるもの

Sponsored Links

体調の変化で便の状態も変化するのは赤ちゃんも同じこと。
離乳食の赤ちゃんの便の色などから病気が疑われる便の状態は次のようになります。

 

胆道閉鎖症

胆道が生まれつき無かったり、詰まっている病気のこと。
胆道とは肝臓で作られた胆汁を十二指腸へ送るための管のこと。

 

便に色をつけるビリルビンと呼ばれる色素が届かないため白い便が出る。
下痢ではなく形のある白い便が出るのが特徴。
たまに腸液が混ざることで白というよりクリーム色っぽい便が出ることもある。

 

※症状悪化を防ぐためにも白い便が出たら必ず病院へ
※胆汁が排出できないことによる黄疸に要注意
※処置が遅れると死に至る

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍など

体の上部の消化器官から出血があると黒っぽい便が出る。
便に血液が混ざると便が黒っぽくなるので鼻血を飲み込んだ時も黒っぽい便が出る。

 

※黒っぽい便が続く時は内臓が出血している可能性を疑い速やかに病院へ

 

腸重積症

腸の中に腸の一部が入りこんでしまう病気で手術が必要になる場合もあり。
腸が重なり合う場所で便と血液が通らなくなる。
便の状態は血便であることが多い。

 

※腹痛で激しく泣いたり、機嫌が良かったりを繰り返す
※血便が見られなくても激しく泣いたり機嫌が良かったりを繰り返すなら病院へ

 

白色便性下痢症

冬から春先にかかりやすいロタウイルス感染による病気。
便の状態は米とぎ汁に近い白い水様便。

 

※便全体が白くならなくても便に白やクリーム色が混ざっていたら病院へ
※初期症状は発熱、せき、鼻水
※症状の進行と共に吐き気と水様便による下痢
※下痢と吐き気が数日続く時は速やかに病院へ
※下痢をしている時は赤ちゃんの脱水症に要注意
※十分に水分を摂らせる

 

細菌性大腸炎

病原性大腸菌あるいはサルモネラ菌などで腸が炎症や出血を起こす病気。
便の状態は初期の段階で血液混じりの便が出る。
症状の進行と共に血液そのものの赤黒い便となる。

 

※他の症状として発熱、吐き気
※便に異常が見られなくても発熱と吐き気がおさまらない時は病院へ
※脱水症に注意し十分に水分を摂らせる

 

これらの便を確認した時には速やかに病院を受診させましょう。

 

病院へは便をしたおむつをそのまま袋に入れ密閉して持っていくこと!

病気ではないけれど心配な便

病気ではないけれども離乳食をスタートする前と後とで普段と違った状態の便が出ると心配になってしまうママさんは多いものです。

 

そこで病気ではないけれど、よく心配されがちな赤ちゃんの便の状態には次のようなものがあります。

 

ミルク育ちの赤ちゃんの便に白い粒々が混ざる場合

 

ミルクに含まれる脂肪の塊が便に混ざると白い粒々混ざりの便が出る。
生後約4ヵ月くらいの赤ちゃんがたまに白い粒々と粘液混ざりの便をする。
粘液は腸が刺激されて出たもので、この場合の便は病気ではないため心配無し。

 

緑色の便

胆汁色素のビリルビンが空気に触れ酸化しビリベルジンへ変化したため緑色になる。

 

腸内でガスや酸と触れることで緑色の便に変色することもある。
緑色の便をしても食欲と機嫌が普段と変わらなければ心配無し。

 

緑色の便も黄色系の便と一緒で病気の心配無し。
あまり大きな野菜がそのまま出てくる時は小さく刻んで与える。

 

真っ黒な便

便の色は胆汁色素のビリルビンによって酸化すると緑や茶色の便になる。
真っ黒い便の場合、鉄分の摂取量が多い証拠。
便が腸内で酸化すると真っ黒い便になることがある。
特に病気の心配はなし。

 

※便の状態をよく観察し海苔など食べ物で黒くなっている場合は心配無し
※赤黒から黒い便で気になる時は病院へ

 

血液混ざりのような赤い便

赤い便はトマトやニンジンの色素によるものであることが多い。
離乳食中期でもまだ消化吸収能力が未熟なため食材の色素がそのまま便に出やすい。
赤い便が心配なら赤い色の食材を消化しやすいよう工夫して与える。
例えば十分やわらかくなるまで煮込む、更に細かく刻むなど。

 

※便をよく観察し食べ物で赤くなっていれば病気の心配無し
※明らかに血便だと思われる時は病院へ

 

コロコロのかたい便

便秘しているとコロコロのかたい便が塊となって出る。
腸内に長く便が留まることでかたくなる。
腸内で便の水分が大腸に吸収され便が硬くなる。
便秘になる前に繊維質な食材を多く取り入れ便を出やすくする工夫をする。
便が出ない日が何日も続くようなら病院へ。

 

 

これらの便は病気ではありません。
離乳食で使う食材を変えてみるなど工夫することで便の状態が良くなっていきますが、赤ちゃんの便秘でも便が硬くなるのでコロコロウンチの時には要注意です。