お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

離乳食中の赤ちゃんが下痢になった場合の対処法

離乳食をスタートして下痢になる赤ちゃんもいますが、多くの場合は病気が原因で急性に下痢になっていることがほとんどです。

 
Sponsored Links

赤ちゃんの下痢

 
水っぽくてゆるい便が何度も出るのが下痢

 

日頃からゆるい便あるいは一回ゆるい便が出たくらいなら下痢の心配はありません。

 

 

赤ちゃんが下痢かどうかを見極めるためには、

 

  • 1日の便の回数が普段より多いかどうか
  • 便の水分量が普段の便より多いかどうか
  • ミルクや離乳食など食欲があるか否か(食べなくなったら要注意)
  • 機嫌はいいか悪いか(ぐずる、元気がない、などの時は要注意)
  • 発熱や吐き気があるか否か(ウイルスや細菌性の病気が疑われる場合もあり)

 

これらをチェックして普段と違うようなら病気や下痢を疑い早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

また感染症後、慢性的な下痢が長く続くような場合は更に他の病気を発症している可能性があるため、下痢が続く時も早めに病院へ連れて行くようにしましょう。

 

赤ちゃんの下痢の対処法

脱水症に要注意
下痢で水分やミネラル分が失われるため脱水症状に要注意
こまめな水分補給を心がける

 

オススメな飲み物…イオン飲料、薄めたお茶、リンゴ果汁、ミルクなど
※柑橘系の果汁は下痢の時には逆効果なのでNG

 

おむつかぶれに要注意
水っぽい便を何度もすると赤ちゃんの肌はかぶれやすくなる
下痢に加えおしっこまで混ざると症状悪化の原因となる
下痢をしている時はこまめにおむつを換えて清潔にする
お尻をキレイに洗い流した時はお尻を十分に乾かしてあげる

 

お腹のハリに要注意
赤ちゃんのお腹に手をあてチェック
お腹のハリが気になる時は速やかに病院へ

離乳食中の赤ちゃんが便秘になった場合の対処法

便の回数や色、かたさは赤ちゃんによって個人差があります。

 

なので排便回数だけで便秘だと決めつけることは出来ません。

 

赤ちゃんの便秘

  • 排便の回数が普段より少ない
  • 頑張っていきんでるのに便が出ない
  • ミルク、母乳、離乳食を口にしなくなる
  • 機嫌が悪い
  • 吐く
  • お腹のハリが気になる

 

このような場合は便秘が疑われます。
逆にこれらの症状が見られなくても6日くらい便が出ず、排便時に苦しがっていなければ心配いりません。

 

 

成長に伴い変化する赤ちゃんの便

 

月齢が低いほど便はやわらかく回数が多いのに対し、離乳食をスタートすると便は形を成し回数が減ります。

 

 

これは腸の機能が発達してきている証拠であることと、
離乳食で様々な栄養を摂るようになったためなので便秘を疑う必要はありません。

 

 

便秘が慢性化する前にすべきこと

     

  • 繊維豊富な食材を積極的に食べさせる
  • 大人同様、赤ちゃんも適度に体を動かし運動させる
  • 綿棒浣腸などの浣腸をして出してあげる
  • 肛門や肛門周辺を親指でゆっくり押して刺激してみる
  • ヨーグルトを食べさせる
  • 柑橘系のジュースを飲ませる
  • プルーンジュースを飲ませる
  • マルマツエキスを飲ませる

 

 

腸内にたまった便を出してあげる工夫をしましょう。

 

ヨーグルト

乳酸菌が腸の働きを活発化させるため便秘解消に効果的

 

柑橘系のジュース

便をやわらかくする効果があるため便秘に有効
逆に下痢の時に与えると逆効果なのでNG
リンゴなどすり潰した果物を与えるのもOK

 

プルーンジュース

プルーンには便をやわらかくする効果があるため便秘に有効
市販のベビー用プルーンジュースを用いると便利

 

マルマツエキス

赤ちゃんの便秘にオススメな麦芽糖エキスのこと
糖分が豊富で便をやわらかくする効果がある
甘みがあり喉ごしもよく飲み易さから赤ちゃんにも抵抗なく与えられる