お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

赤ちゃんの離乳食と水道水

 

福島の原発事故以来、水道水への放射能汚染が心配されるわけですが、果たしてそんな水道水を赤ちゃんの離乳食作りに使用していいものなのか否か。。。

 

もし放射能汚染された水道水を離乳食作りに使用し内部被曝した場合、これによる発症は20〜30年後と言われています。
つまり丁度、働き盛りのまだまだ若い年齢で発症することになるわけです。

 

そこで離乳食を作る時に使う水について意識してみる必要があります。

 

とは言え目に見えない物質を相手にするわけですから、いくら「水道水を使っても大丈夫」と言われても心配が尽きない人も多い筈。

 

そのような場合は、

 

ミネラルウォーターでも軟水であれば離乳食やミルク作りに使ってよい!

 

ウォーターサーバーを利用するのもオススメ!

 
Sponsored Links

離乳食と水

昔から水道水を一度沸騰させてから離乳食に使う。と言われてきました。
離乳食の初期は水分が多いメニューがメインとなるため離乳食で使う水にも目を向けてみましょう。

 

最近ではやはり放射能の影響による水道水の安全性がどの程度なのかが気になるところです。

 

家庭で放射性物質を除去できる浄水器を設置するのもいいですが、正直言って安い買い物ではないためイマイチといったところでしょうか。

 

 

そこで浄水器を設置するより安全な水を確実に使いたいなら私は、ウォーターサーバーの利用をオススメします。

 

 

ウォーターサーバーの各社では放射能に関する検査を実施し、その結果をHPにて公開しているため安心して水を使用できます。
また赤ちゃんのミルク作りにも使える水を提供している会社もたくさんあるため、そうした会社を選ぶのがポイントです。

 

 

 

ウォーターサーバーなら温水・冷水のいずれも好きな時に使えるので、
赤ちゃんのミルク作りや離乳食を作る時でもサーバーから直接お湯や水を使えて便利なのでオススメです。

 

後はサーバーレンタル料、水代など毎月の維持費を各社で比較しながら自分に適した会社を選ぶと良いでしょう。

 

ウォーターサーバーを利用することに不安があるなら、契約前に無料で利用できるサービスを提供している会社もあるので、そうしたサービスを利用してみるのもオススメです。