お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

離乳食に適した水の選び方

 

赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りで使う水として適した水の選び方のポイント

 

  • できるだけ水道水をそのまま使うのは避ける
  • 不純物が除去された純水であること
  • 硬度の低い軟水を選ぶこと

 

これらがまず挙げられます。

 

中でも水道水にはトリハロメタンや塩素などといった体に対し有害な成分が含まれており、
大人でさえもその影響を受けるわけですから内臓の機能がまだ未熟な赤ちゃんに水道水をそのまま使うのは避けましょう。

Sponsored Links

純水を選ぶ理由

水に含まれる不純物やミネラル分などのほとんどが除去された水を純水といいます。

 

 

ちなみに水の純度は水中のイオン量で決定されるため厳密にはイオン成分が除去された水が純水となります。

 

純水はピュアウォーターとも呼ばれ医療や飲用水として用いられています。

 

 

市販されている純水は赤ちゃんのミルク作りにも適しており、もちろん離乳食にも適しています。

 

他にも日頃の水分補給用の飲み水や料理にも使用でき、料理に純水を使用すると食材本来のうまみが引き立てられより美味しくなるのです。

 

そのため離乳食で様々な食材の味に慣れさせるのに純水は最適な水だと言えます。